スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軽くて強度バツグンなロングリードの作り方
「ボール遊びが大好き!」という愛犬のためにロングリードを作ったというオーナーさんから、ご投稿いただいたパラシュートコードを使ったロングリードをご紹介します。
 市販のロングリードは重くてかさばるということで、パラシュートコード(10m、重さ110g?)を使用することを思いついたそうです。軽くて強度が高いのは、魅力的ですね。

 軽くて強度バツグンなロングリードの作り方


ri-do2


材料


 パラシュートコード     適度な長さ
 ナスカン          1つ
 革や厚手の布        適量


 作り方

 1.ロングリードの長さを決める
 2.1で決めたリードの長さに持ち手分の長さ1メートル(一重の場合は50センチ)を足し、さらに、金具を付ける分30センチを足した長さにパラシュートコードをカットする
 3.ナスカンにパラシュートコードを通し、パロマーノットでしっかりと結ぶ
 4.持ち手を、もやい結びにする
 5.4で作った結び目とループ部分を上から布や皮で包み、丈夫な糸で縫い付ければ完成

 パラシュートロングリードを使用するときは、必ず軍手を使用すること。そうしないと、摩擦で手の皮が向けてしまいます。また、短パンを穿いているときは、素足にリードが擦れて摩擦火傷になってしまうことも……。できれば長ズボンを穿く等、十分に気をつけてください。

ri-do1 持ち手を皮や布で包むと補強できるだけでなく、見た目もカッコ良くてGood!


3 “途中持ち手”は、リードにいくつか作っておくと便利なのはもちろん、いざというときに役立ちますよ。


 ロングリードがかなり長い場合、たぐり寄せのコントロールがむずかしいもの。そこでおすすめしたいのが、もやい結びで“途中持ち手”を作っておくことです。この“途中持ち手”は、自分の持ちやすい所を探して作るようにしてください。  
 ロングリードは遊びだけでなく、呼び戻しの練習にも使えます。但し、たくさんの犬や人のいる場所での使用は、トラブルの元になります。使用の際はくれぐれも広い場所で、尚かつ周囲の状況をよく見て判断し、危険を回避するようにしましょう。
 せっかくのロングリードですから、上手に楽しく活用するようにしてくださいね!



スポンサーサイト
わんツイかぼちゃクッキーの作り方
 第3回の『わんツイ』開催日を記念して、わんツイ参加者の方が、日にちをかたどった“かぼちゃクッキー”を焼いてくださったので、レシピをご紹介しま~す。

 わんツイかぼちゃクッキー

            わんツイクッキー1


 材料

 全粒粉      100g
 かぼちゃ     100g
 スキムミルク   大さじ2
 オリゴ糖     大さじ1
 サラダ油     大さじ1

 作り方 

 1.かぼちゃを一口大に切り、レンジでチンする。竹串がスッと通ればOK。かぼちゃの皮を取り、粗熱をとる
 2.かぼちゃが冷めたら、新しいビニール袋に材料を全部入れて、よくこねる
 3.材料をよくこねたら、冷蔵庫で30分ほど冷やす
 4.30分経ったら、冷蔵庫からかぼちゃクッキーの生地を取り出す。打ち粉をふった台の上に生地を乗せ、麺棒で伸ばして型を抜く。麺棒で伸ばすときに生地が麺棒にくっつきやすいため、ビニール袋を切り開いたものに生地を挟むのがおすすめ
 5.クッキングシートを敷いた天板に型で抜いた生地を乗せ、160度に熱したオーブンで20分、120度で30分、さらに160度で10分焼けば完成

 かぼちゃの甘みがやさしいクッキーは、わんこのおやつにピッタリ。また、かぼちゃは食物繊維が豊富な食材なので、わんこのお腹にもやさしいのが特長です。かぼちゃが苦手なコは、さつまいもを材料にして作ってみてもいいかもしれませんね。

 わんツイくっきー2

 今回使用された、数字と小さな花のクッキーの型抜きは、100均で購入したものだとか。
 わんツイ第3回の記念になりました。ありがとうございました!

ふわふわフェルトわんこのご紹介
  今回ご紹介するのは、“手作りグッズ番外編”

  柴犬のオーナーさんが、針で手を刺しながら作ったという、血と汗と涙の傑作!
 愛犬をモデルにしてニードルフェルトを使ったぬいぐるみ、『ふわふわフェルトわんこ~こてっちゃんバージョン~』です。
 今回は作り方がちょっぴり複雑そうなので、番外編とさせていただきました。ご了承ください。でも、作ってみたいという方へ、下記でHPをご紹介しています。よろしければ、そちらをご覧くださいね。

 ふわふわフェルトわんこ~こてっちゃんバージョン~


      こてっちゃん4

      どうです、わんことぬいぐるみの2ショット! そっくりですよねw
 
      こてっちゃん1
      
      ぬいぐるみの口の中が、うっすらピンクになっているのがお分かりになりますか? 
     細部に行き渡る丁寧な作りに、わんこへの大きな愛情が感じられます。



      こてっちゃん2

   きっと、真っ直ぐな寝姿が、オーナーさんが大好きなわんこのポーズの一つなんでしょうね。

 この愛らしいわんこ&ぬいぐるみ画像を見て、「ニードルフェルトを使った、わんこ人形を
 作ってみたい!」と思ったみなさん、思い立ったが吉日ですよw そんな、みなさんに朗報です。
 手芸屋さんに行くと、犬種ごとのキットが販売しています。初心者の方は、それを購入して作ってみるのもいいかもしれません。

  簡単なニードルフェィルトを使ったわんこストラップの作り方が動画でわかる、HPがありました。『ニードルわたわた』です。興味のある方は、ぜひ、どうぞ。

      

やわらかサッカーボールの作り方
 ボール遊びが大好きという、わんこ多いですよね。そこで今回は、「やわらかサッカーボール」の作り方を教えて頂いたので、ご紹介します。今回の手作リストさんは、わんトモから作り方を教わったそうですよ。
 わんこの誕生日や、クリスマスに手作りして、愛犬にプレゼントしてみてはいかが?

やわらかサッカーボール


              わんツイサッカーボール

 材料

 綿素材の布  一辺が5cmの正五角形12枚、正六角形20枚
 中綿     100g~

 作り方

 1.色違いの2種類の布を準備し、一辺が5㎝の正五角形を12枚、正六角形を20枚作る(正五角形、正六角形をクリックすると、型紙ページに飛べるので活用してください)
 2.正五角形と正六角形の型紙に合わせて切った2種類の布を、正五角形1枚に正六角形2枚を横に縫い合わせたもの8組、正五角形2枚の間に正六角形2枚を縫い合わせたもの2組を作ります。そうしたら、図(※1参照)のように並べて、縫い合わせていきます。繋ぎ合わせる辺を間違えないように、気をつけること
   
  
 ※1
 サッカー型(クリックすると拡大します)

 3.最後の1枚の六角形の3辺を縫わずにボールの中に中綿を入れ、まつり縫いで縫い合わせれば、サッカーボールの完成

 布の色は、2種類でなくてもOK! 色柄などはご自由にみなさんのセンスで選んで作れば、世界でたった一つの個性的なサッカーボールが出来上がります。また、中綿の量は、ボールの状態を見て調節してください。

 ☆サッカーボールの作り方は、様々あるようです。次のようなサッカーボールの作り方のページもありましたので、サイトをご紹介しておきます。自分の作りやすい方法で、レッツチャレンジ!
玄米ワン煎餅の作り方
 市販のわんこも食べられるケーキの原材料や成分を見て疑問に思い、それ以来、わんことの記念日はおやつを手作りしているというオーナーさんから教えていただいた「玄米ワン煎餅」を、ご紹介します。
 クリスマスやバレンタインデー、誕生日などのとっておきの日にぴったりのおやつです。
 
  玄米ワン煎餅


      玄米わん煎餅

 材料

  玄米   適量
  すりゴマ 適量

 作り方

 1.玄米を炊く
 2.炊いた玄米を潰し、型(※1)に入れて形成する
 3.すりゴマ(白、黒のどちらでもOK)を使って、鼻や目、被毛の模様などを描く
 4.オーブントースターで軽く焼いたら完成

 ゴマを使って顔や模様を描くことで、見た目にもかわいいおやつに仕上がっています。ゴマは、そのままだと消化せずに排泄されてしまうため、すりゴマを使用しているそうです。
 ちなみにわんこの顔型は、オーナーさんのオリジナルです。今回は特別に、型の画像もご紹介!
 最近はクッキー型でかわいいものがたくさん販売されているので、それを活用しても良いですね。

 ※1
わん煎餅型 型は、手のひら程度の大きさ。

 普段与えているおやつは、1日の栄養摂取量の5%以内、特別な日のおやつも10%以下を守っているというオーナーさん。愛犬に健康で長生きしてほしいという、愛情のこもった安心おやつです。嗜好性を上げるために、サーモンオイル、ごま油、亜麻仁油を一滴たらすのもおすすめ。 

 この「玄米ワン煎餅」は、お醤油を塗ればオーナーさんも美味しく食べられます。特別な日、わんこと同じ物を食べて過ごすのもいいかもしれませんね。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。